1.3 Supplementary information on purpose

具体的には、この標準は

  • 独立したインフラストラクチャネットワーク内でIEEE 802.11™ に準拠した機器が動作するために必要な機能とサービス、並びにそれらのネットワーク内でSTAが移動することを可能とする要件について説明します。
  • IEEE 802.11に準拠した機器が、独立したインフラストラクチャネットワークの外部にある他の同種の危機と直接通信できるようにする機能とサービスについて説明します。
  • MACサービスデータユニット(MSDU)の配信サービスをサポートするメディアアクセス制御の手順を定義します。
  • IEEE 802.11 のMAC副層によって制御されるいくつかのPHYシグナリング技術とインターフェイス機能を定義します。
  • IEEE 802.11に準拠したデバイスが複数のIEEE 802.11 無線LANが共存するワイヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)内で動作できるようにします。
  • 無線通信でやり取りされるユーザー情報とMAC管理情報のデータ機密性と、IEEE 802.11に準拠した機器の認証を提供するための要件と手順を説明します。
  • 任意の周波数帯で電波運用に関する規制要件を満たすために使用する動的周波数選択(DFS, Dynamic Frequency Selection)および送信電力制御(TPC, Transmit Power Control)のメカニズムを定義します。
  • 音声、オーディオ並びにビデオのトランスポートを含めた、QoS(Quality of Service)を要するローカルエリアネットワーク用アプリケーションをサポートするメディアアクセス制御手順を定義します。
  • BSS移行管理、チャネルの使用と共存、干渉レポート、診断、マルチキャスト診断およびイベントレポート、柔軟なマルチキャスト、効率的なビーコンメカニズム、プロキシARPアドバタイズメント、ロケーション、タイミング計測、管理されたマルチキャスト、拡張スリープモード、トラフィックフィルタリング、および管理通知を含む、STAのワイヤレスネットワーク管理メカニズムとサービスを定義します。
  • STAによるネットワークの検出と選択、QoSマッピングを使用した外部ネットワークからの情報転送、および緊急サービスの提供のための一般的なメカニズムを支援する機能と手順を定義します。
  • ワイヤレスLANメッシュトポロジをサポートするためのワイヤレスマルチホップ通信に必要なメディアアクセス制御の手順を定義します。

Specifically, this standard

  • Describes the functions and services required by an IEEE 802.11™-compliant device to operate within independent and infrastructure networks as well as the aspects of STA mobility (transition) within those networks.
  • Describes the functions and services that allow an IEEE 802.11-compliant device to communicate directly with another such device outside of an independent or infrastructure network.
  • Defines the MAC procedures to support the MAC service data unit (MSDU) delivery services.
  • Defines several PHY signaling techniques and interface functions that are controlled by the IEEE 802.11 MAC.
  • Permits the operation of an IEEE 802.11-conformant device within a wireless local area network (WLAN) that may coexist with multiple overlapping IEEE 802.11 WLANs.
  • Describes the requirements and procedures to provide data confidentiality of user information and MAC management information being transferred over the wireless medium (WM) and authentication of IEEE 802.11-conformant devices.
  • Defines mechanisms for dynamic frequency selection (DFS) and transmit power control (TPC) that may be used to satisfy regulatory requirements for operation in any band.
  • Defines the MAC procedures to support local area network (LAN) applications with quality-of-service (QoS) requirements, including the transport of voice, audio, and video.
  • Defines mechanisms and services for wireless network management of STAs that include BSS transition management, channel usage and coexistence, collocated interference reporting, diagnostic, multicast diagnostic and event reporting, flexible multicast, efficient beacon mechanisms, proxy ARP advertisement, location, timing measurement, directed multicast, extended sleep modes, traffic filtering, and management notification.
  • Defines functions and procedures aiding network discovery and selection by STAs, information transfer from external networks using QoS mapping, and a general mechanism for the provision of emergency services.
  • Defines the MAC procedures that are necessary for wireless multi-hop communication to support wireless LAN mesh topologies.